ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.05.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.02.23 Saturday

配筋検査

最近の職人さん不足は深刻で、

工事の予定も職人さんのスケジュールを最優先して決めていかなくてはいけないようです。


懸念されるのは、少ない職人さんが忙しすぎて作業が荒くなること、だと思います。


ですが・・・、


最近の現場の職人さんの作業は、とても丁寧で、質が良い!!


もちろん現場管理のおかげもあると思いますが、

本気で作業をして下さる職人さんが仕事をし続けてくれているということだと思います。


ありがたいことですね~。


今日は、気持ちいい生活を求めて計画された老人ホームの配筋検査でした。


基礎からこんなに美しいと本当に”気持ちがいい”です。

見える部分だけではなく、見えないところも美しく仕事をすること。

とても大切ですねえ~。


※お知らせ

事務所移転に伴い、皆様にはご迷惑をおかけしております。
環境は整備されておりますので、作業も無事にできております。
どうぞご安心ください。

ご連絡は下記までメールください。
詳しいご案内をお送りいたします。
kumagai@archi-one-aa.com



いつも読んで下さり、ありがとうございます。
いろいろなところで、ご意見をいただくこともあり、感謝しております。
皆様のご指摘やご意見等も今後の活動に活かしていきたいと思いますので、
気軽にコメントをいただけたらと思います。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村




熊谷@Archi.-One

Archi.-One
architect & associates

















2013.02.02 Saturday

鎮魂歌

気持ちのいい生活を目指して計画された老人ホーム。

それは、

何のためか・・・。

誰のためか・・・。



利用者の方々が気持ちよく生活できるように計画し、

そのために築いていこうとしています。



ただただシンプルに、そう考えております。




建築主である病院の先生は、計画の打ち合わせをする際に、

高齢の方を診察する視線、

介護する方の視線、

介護される側の視線でお話をすることができました。



それは、病院の先生としての目線だけではなく、

ご高齢のお母様を介護する目線、

さらに、お母様のお気持ちを察しての目線からくる

心の打合せができたと感じています。



今回の計画は、本当に利用者の方の目線になって、

細部に渡るまで気持ちよく過ごせるように計画されています。



何のための施設か・・・?


ただただ、利用者の方々のための施設です。






先日、地鎮祭を終えました。


その翌日、本当にこの施設の完成を待ち望んでおられた先生のお母様が、


急にお亡くなりになりました。


今回のプロジェクトは、お母様なくして、このような計画をすることはできなかったかもしれません。


完成した際には、一番に利用していただきたかったお方です。

そら



お母様のご冥福をお祈り申し上げます。


私共は、先生と共に、なんとしてでも、もっと、いい施設を創るように頑張りたいと思います。






全てはこの施設を待ち望んでいる人のために。






いつも読んで下さり、ありがとうございます。
いろいろなところで、ご意見をいただくこともあり、感謝しております。
皆様のご指摘やご意見等も今後の活動に活かしていきたいと思いますので、
気軽にコメントをいただけたらと思います。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村




熊谷@Archi.-One

Archi.-One
architect & associates






















2013.01.26 Saturday

極寒の中

気持ちのいい生活を目指して計画したプロジェクト。

極寒の中の地鎮祭でした。

月の浦02


この冬一番の寒さではなかったでしょうか。



気持ちいい生活・・・。


こんな寒い日からスタートするということは・・・、


これから、どんどん環境が良くなるだけ!!


施設にとっては、最高の日だったかもしれないですね。


工事の無事をお祈りします。





いつも読んで下さり、ありがとうございます。
いろいろなところで、ご意見をいただくこともあり、感謝しております。
皆様のご指摘やご意見等も今後の活動に活かしていきたいと思いますので、
気軽にコメントをいただけたらと思います。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村




熊谷@Archi.-One

Archi.-One
architect & associates
























2013.01.15 Tuesday

いよいよ・・・

セオリー通りであれば、もっと前に計画が決まって、どんどん進んでいただろう・・・。


でも、それは”セオリー”というものがあれば・・・という条件がつく。


しかも、その”セオリー”は、要するに一般性であり、

とても、全てに当てはまるものではなく、

そもそも、”一般性”って何?っていう疑問すら出てくる・・・。



今回の計画は、いわゆるセオリーではなく、

全く違う発想で計画することで、本当に必要なことを追求することができたと考えている。


当初、計画されていたスケジュールからは大幅にズレたようですが、


この提案によって、完成し、使われ始めた時に、きっと良かったと思ってもらえると信じています。



今日、工事着工の準備で、建物の位置の確認をしてきた(縄張り)。


月の浦01

この写真は、この施設の計画のコンセプトになるような写真です。


”セオリーはない、というセオリー”を提示した写真です。


”気持ちいい生活”を目指した施設計画が、いよいよ着工します。







いつも読んで下さり、ありがとうございます。
いろいろなところで、ご意見をいただくこともあり、感謝しております。
皆様のご指摘やご意見等も今後の活動に活かしていきたいと思いますので、
気軽にコメントをいただけたらと思います。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村




熊谷@Archi.-One

Archi.-One
architect & associates




























Powered by
30days Album
PR